スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LUNKHEADの

LUNKHEADというバンドが好きなんですが、よく歌詞を抜粋したくなります。そしてたまーに好きな歌詞全部洗い出したくなります。
という訳で自己満足としてこの記事に書いてこうかなって。基本的に1曲につき1つまでで。

▼以下LUNKHEADの曲の自分の好きな歌詞▼

何もかもが穏やかで怖かった だからこのまま君の傍で息絶えたいと思ったんだ(君とコスモス)

青く青く晴れ渡った空の 真下で踏み潰された名も無き花よ 誰にも知られずに死んでいった花よ 笑え この世界を さあ笑え(狂った朝)

人が最期はひとりぼっちだとしても僕はもう あなたを想いながら死んでいけるから怖くないんだ(ゲノム)
この世界に宿る孤独 儚くか弱い命の最後に 残された消えない光 あなたは人に愛されるために生まれた(ゲノム)

ああ僕らどうしてこんなにも 大事なものばかりをその手からこぼしていくのだろう(木漏れ陽)
世界はどれだけのことを思い出に変えて進むのだろう だけどいつか忘れていくから悲しいけれど生きていける(木漏れ陽)

心さえ殺せば 皮一枚で笑える(百日紅)

もしもあれがあの時ああしてあれをこうやって そんなのその内忘れる(シンドローム)
すとんすとんすとん(シンドローム)

僕がいて君がいた 理由なんか知らねえよ(スモールワールド)

汚れたこの手が抱きしめた 温かい泥の中で 小さな光(泥日)

何も怖くなどなかった 嘘だ本当は怖かったけど それでも迷ってたって朝は来るんだ(何も怖くなどなかった)

すべて無くしたとしても忘れないこと(プルケリマ)

今この瞬間にどこかで 血を流し戦う誰かのために どんなことを歌えたら 僕は君に胸を張れるだろう(僕らのうた)

誰か気付いてよ誰か気付いてよ誰にも見えない炎がいつか私を焼き尽くす前に(密室)

悲しみだとか裏切りだとか切なさだとか 受け止められるのならば僕は神にでもなれるでしょうか(夕暮れの)

(螺旋)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。