スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑って咲きましょう

アンダーグラフ好きなんですが、Twitterでふとアンダーグラフ関連の呟き(ファンならではのヒューマンフラワー)を見かけて、どっぷりと聴きたくなりました。聴きました。再ハマりしました。

僕、アーティスト毎に18曲に絞って勝手にベストアルバムを作るっていうのが好きでして、前に藍坊主で書いたんですが今回はアンダーグラフのそれを書きます。需要とか、そんなもの、知りません。

1.2011

ミニアルバム「蒼の時」収録。(アルバムリード曲)
あの地震について歌った曲。2番の歌詞、「皆が笑顔にと僕ら歌うんだよ 小さなことでしょ?だけど意味があると信じてるよ」。これ大好きです。意味はあります。僕は救われてます。

2.時代

ミニアルバム「花天月地」収録。
時代の移り変わりと変わらないものを歌った曲(?)2番Bメロの「それでも僕らは何となくだけど分かってる 命の重さや争うことの惨めさ悲しさを」からのサビ「だって何十年も何千年も前からね 僕らはこの星に生まれて 愛し合うこと強さを 見つけ出して暮らしたでしょう ずっと未来を作り続けたから 僕らはここで出会えたでしょう こんなに素敵な毎日 いついつまでも続いていくように」。ここの流れ最高に好きです。

3.サンザシ

ミニアルバム「花天月地」収録。(アルバムリード曲)
戦争で逝ってしまった人を思う切ない曲です。イントロでもう泣けるんですが...
2番Aメロ「他が為に命燃やし 他が為に眠りにつく 胸の中想い隠し あなたは空へ消えたのでしょう」の切なさがもう毎回泣きそうになります。そしてラスサビ「せめて夢の中で会えると信じて いつまで眠ればよいでしょうか」。これはもうね、毎回泣きますよ。
あと時代サンザシという花天月地の始まりえげつないなぁ。

4.時薬

ミニアルバム「蒼の時」収録。
「夜は必ず明けるのでしょう 誰の悲しみも知らぬまま 時の流れは止まらぬでしょう いつか涙も渇き始め そしてもう一度旅立つでしょう」。もうね、温かいんですよ。ゆったりと落ち着いてるけど、着々と進んでいくメロディもまたすげえこの曲に合ってるんですよね。

5.やっぱり地球は青かった

坂本美雨さんとのコラボ曲。
少年が宇宙を旅して、初めて地球で生きていることの素晴らしさを知るという、絵本みたいな曲です。「帰ろう帰ろう見渡せば朝日が昇りだす ねえ見てよこれが僕の生まれた星だよ」。アンダーグラフはドラムの谷口さんの高音も綺麗なんですが、坂本さんの高音もまた良いですね。

6.ハルヲミタ

LIVE限定シングルの「サンザシ」や2012年に発売した「2012~今、聴いて欲しい曲達」に入ってる曲。
「ハルヲミタ歌うたいは今日も 君へ届けと声を放つだろう」。自分が辿り着いた春を、暗い闇の中で君へ、いつかきっと辿り着けるからって、そういう歌かな...?

7.夏影

シングル「夏影」収録。
子供の頃の夏の日の淡い情景から始まり、記憶の中で変われずにいる君へ、変わってしまった君へ、いつか晴れるから、大丈夫だから。そういう歌です。「あの夕暮れ時は今でも優しく 温かく僕らを繋ぐ 明日になればそう晴れるから」。

8.自然と君へ

シングル「心の瞳(通常盤)」収録。
アンダーグラフらしい曲。当たり前が、自然と君の隣にいられることがどれだけ大切か、幸せかということを歌った曲。「自分ばっかり認め愛する人よ そろそろ気付いて本当に欲しいものは何なのか」。

9.心の瞳

シングル「心の瞳」収録。
見えるものばかり気にして生きてきたことと、見えないものを探していこうぜって歌。PVで少女に銃で撃たれるところは何かすごい泣けます。「心の瞳で未来を見てみよう 心の手で夢を描いてみよう 心の足で明日を歩こう 瞼閉じて」。

10.ヒューマンフラワー

アルバム「呼吸する時間」収録。
メロディから何から良いです。今をさまよってる君へ、自分らしく、いつの日か「笑って咲きましょう」って曲。「もしも今悲しみに濡れ 足元が動かないなら この声を君に届けよう 『君は君が思うほど弱くないから』」。

11.また帰るから

シングル「また帰るから/ピースアンテナ」収録。
温かーい曲。とにかく不安を拭ってくれる曲。「何かを捨ててみたんだ 何かを手にするために 忘れることなどはないよ 『ただいま』って言える日をいつでも探している」

12.ティアラ

アルバム「呼吸する時間」収録。
結婚したスタッフか友人かに向けて作った(?)曲。「かけがえなき日々を重ねていく旅路で祈るのは 1秒でもたくさんの笑顔が溢れますように」。

13.パラダイム

シングル「パラダイム」収録。
「忘れてしまえば少しは楽になるのかな でもね僕らは実は弱くない いつでも一歩を踏み出せるでしょう」。この歌詞は胸に思いっきり刺さりました。というか今書きながらちょっと泣きました。こんなに内側に立って、こんなに勇気づけてくれる、これ以上の歌詞を僕は知りません。

14.イーゼル

アルバム「素晴らしき日常」収録。
これもなかなかに、というかかなりの勇気づける歌詞を持った曲です。歩幅をちょっと広げてそうさ 夢描く自分を信じよう」、「流れた今日にさよなら告げて 限りある未来を見つめよう 限りなく自分を信じよう」。

15.ユビサキから世界を

シングル「ユビサキから世界を」収録。
ユビサキから世界を変えましょうぜって曲。「消され費やされる日々で僕が僕を信じなきゃ 黒く塗られてる巨大な闇に飲み込まれてしまう」。この歌詞の言い回しすごい好きです。

16.真面目過ぎる君へ

シングル「真面目過ぎる君へ」収録。
真面目な人が馬鹿を見る世の中だけど真面目でいいんだよ、真面目なまま生きておくれよって曲。「一年後の自分宛てに手紙書きましょう 君は今頑張ってる君を信じてますか?」。この歌詞、未来に向けた自分にはもちろんのこと、今の自分から過去の自分への不甲斐無さみたいなのも感じて、すごい何か頑張らなきゃなぁってなります。

17.君の声

シングル「君の声」収録。
落ちついたAメロから始まり、サビでグッと盛り上がる。その構成は一番いいんじゃないかなぁと思います。メッセージ性が強く、自分のことを考えれる曲。「笑って泣いて二人描いた未来が見えてますか?届くと信じて歩けていますか?」。

18.遠き日

シングル「パラダイム」収録。
遠き日の君を想う曲。「無邪気にね笑っては伸びた影を1つにした 積み上げた思い出をあなたは今も覚えてますか?」。切なさがすごいです。アンダーグラフの泣ける曲の代表曲じゃないでしょうか。



と、まあこんな感じで。アンダーグラフといえばツバサという方もいると思いますが、ツバサが無いのは、まあいろいろ聴けばそうもなり得ますよ。
アンダーグラフは内側に立ってくれて、そっと勇気づけてくれる感じの曲が多いですね。是非聴いてみてください。

以下数曲動画で。



2011





ヒューマンフワー

ザチョブ、ザチョーブン、ザチョウ、ザョーブン、ザョーブン、ザョーブン

THE CHOUBUN予選結果出ましたっしゃああああああああ!!!

ガンバラナイズは早々にGo to hellったんですが、茨木がなんとか認定に喰い込んでくれました。

当初の予定だった認定組数が30組。
予選免除が5組なので、予選を勝ち上がれるのは25組だった訳なんですが、主催者ゆーたさんの計らいで3組増枠されました。

そして茨木は...27位。

いや、救われすぎでしょ!

結果発表前から3組増枠とは言われてたものの、まあ一度死んだ身ですよ。
予選では新ネタを出せなかったというのが結構後悔もあったりしたので、本戦サーキットで戦えるってのは本当ありがたいです。
勝とうが負けようがすっきり終われるように、新ネタ制作あるのみですわ。

まあそりゃあ決勝行きたいですけどもね。




あ、あと覆面ユニットについて。

実は今回覆面ユニットとしてもう1組...出してません。すいません、出してません。
もう1組出せたんだからなんか出せばよかったなぁって、ただそれだけですすいません。

最近ハマった曲メモ

藍坊主/青空 ☆☆☆☆
藍坊主/ハッピーリバースデー ☆☆
FoZZtone/NAME ☆☆☆
FoZZtone/LOVE ☆☆☆☆☆
FoZZtone/ブランケット ☆
レミオロメン/春景色 ☆☆☆
レミオロメン/海のバラッド ☆☆
レミオロメン/まめ電球 ☆
音速ライン/みずいろの町 ☆☆
音速ライン/ナツメ ☆
ストレイテナー/CLONE ☆
サカナクション/ナイトフィッシングイズグッド ☆☆
サカナクション/アムスフィッシュ ☆☆
サカナクション/オレンジサンセット ☆☆
サカナクション/GO TO THE FUTURE ☆☆
サカナクション/開花 ☆
サカナクション/フクロウ ☆
サカナクション/夜の東側 ☆
ACIDMAN/赤橙 ☆
ACIDMAN/world symphony ☆
フジファブリック/桜の季節 ☆☆
フジファブリック/陽炎 ☆☆☆☆
フジファブリック/銀河 ☆
フジファブリック/若者のすべて ☆☆
椿屋四重奏/陽炎 ☆

いつか何もかも そっと何もかも 消えてしまわないように そばにいてほしい(藍坊主/青空)

飛行機でキリンにラリアットしたい。


明らかにラリアットするために作られた機械で、明らかにラリアットされるために生まれた動物に、ラリアットをしたいという、それだけです。


酷いとか思わないでください。もちろんキリンに許可を取った上でですからね?

決勝行きたい。もしくはハワイ

さあ、第11回MM-1、最終的に57組、そして全組ネタ公開されましたが。

適当(順番のことね)に読んどりますが、面白いネタ多いですねぇ...読めば読むほど枠が狭くなっていくこの感じ...

うーん、決勝行きたいですねぇ...もう一度前回のあの震えるような歓びを味わいたい...
ちなみにハワイには別に行きたくないです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。